catch-img

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるために踏まえておきたいこと

自分らしく自由に輝いて働いているように見えるベンチャー・スタートアップ企業を転職先の選択肢として挙げる方も少なくありません。ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるために踏まえておきたいことをお話させていただきます。


目次

1.ベンチャー・スタートアップ企業が魅力的に見えるのはなぜ?

2.成長したいからベンチャー・スタートアップ企業という選択は危険

3.自分の目的・キャリアビジョンをハッキリさせておく

4.不安に思うポイントはしっかり確認



ベンチャー・スタートアップ企業が魅力的に見えるのはなぜ?

先進的な事業の数々はとても魅力的です。


とはいえ理想だけを抱き、入社後にギャップで悩むことがないよう、しっかりその特徴を認識することがとても重要です。


ベンチャー・スタートアップ企業といえば、少数精鋭の集団であり、裁量権が大きく、決裁スピードも魅力の1つに挙げられるでしょう。その反面、垣根を超えた業務範囲は多大であり、1人でなんでもこなす必要があります。また、ルートのないフィールドでも自分の能力を常に発揮することを求められます。


このようなことにチャレンジしたい人には非常に面白い企業だといえるでしょう。


実際にベンチャー・スタートアップ企業で活躍した経験者に話を聞くこともとても有益です。しっかり情報を見極め、納得したうえで転職を決めるようにしましょう。


成長したいからベンチャー・スタートアップ企業という選択は危険

ベンチャー企業の選択の理由に、「成長したいから」は危険です。成長させてもらえることを期待するのであれば、教育制度の整った大企業に就職すべきだというのは、ベンチャー・スタートアップ企業の経営者・人事担当者がよく語ることです。少数精鋭の集団において、アウトプットできなければ居場所がなくなるともいわれます。


「どこにいたか」、ではなく「何をしたか」が重要です。自分の力量を最大限に発揮し、市場価値を高められるフィールドを選びましょう。


自分の目的・キャリアビジョンをハッキリさせておく

あなたが転職を考えた動機やきっかけは何だったでしょうか?現職において改善したいと思っているポイントを洗い出すことはとても大切です。業務内容、勤務体制、評価制度、賃金、人間関係、社風など、理由は千差万別であり、優先度も個々で異なります。それはベンチャー・スタートアップ企業などの転職であっても同様に重要な事柄です。そうして、「自分を知ること」が大切な第一歩です。


これは新卒時の就職活動においてよく言われることですが、「軸を持つこと」というのは転職活動においても共通していえる至言でしょう。この軸が転職を行う目的・キャリアビジョンであり、これが定まっているのといないのとでは転職活動のプロセスも結果も全く違うものになってしまいます。自分が自分らしく、以前よりも理想的な環境で働くためにも、転職の目的とキャリアビジョンはハッキリさせておきましょう。


不安に思うポイントはしっかり確認

ベンチャー・スタートアップ企業への転職は、決まったポジションへの採用とは限りません。そのタイミングで必要とされる人材、経験などに基づき、ポジションを一緒に創っていくというケースもあります。その場合は求人票(JD)が明確に存在しない中で企業選考に進むことになるため、業務内容だけでなく、昇給・賞与のタイミング、インセンティブ制度、休日休暇、各種手当など労働条件についても確認を行いましょう。


大企業との違いをしっかり理解し、将来のために今何を選択すべきか。しっかりと自分と向き合い、正しい選択ができるようにしてください。


もっとも、こうしたミスマッチを防ぐためには転職エージェントの活用が欠かせません。直接確認しづらいこともエージェントを通すことでスムーズになるだけでなく、転職者の体験談なども聞き出すことができるでしょう。そのなかでも転職エージェントの「ippo」は、ベンチャー・スタートアップ企業、コンサルティング業界に精通しており、ひとりひとりにあった転職を形にしていくことに優れています。自分に合った転職を実現したい方はもちろんのこと、今回ご紹介させていただいたベンチャー企業への転職に不安がある方は、ぜひご相談ください。